ピュリナワンの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

本日のテーマ

  • 日本でのピュリナのポジションはロイヤルカナン、ヒルズにやや負けているようにみえます。でもピュリナはペット業界ではとても古い会社って知ってました?

1.

時代の流れに翻弄されたピュリナ


  • マッサン
    ピュリナは1894年ロビンソン ダンフォース コミッションいう飼料会社からスタートしています。1902年にはラルストン・ピュリナ社に変更。多角化を進め、ペットフード、まぐろ缶詰などの製造からスナック食品やプロテイン、乳製品など多角化を進めていきました。1950年代にはラルストン・ピュリナ社がドッグフードの大量生産を開始、1962年に世界で初めて肉入りのドライフードの大量生産に成功しています。
  • スギさん
    ドライフードを作った初めての会社ということですか?
  • マッサン
    ドライフードはその1927年にゲインズ社が製造していますので、ラルストン・ピュリナ社は大量生産に成功した会社というのが正しいですね。
  • スギさん
    現代のドライフード製造の歴史の一部なんですね。でもそんなに大きな会社なイメージがわかないです。
  • マッサン
    ラルストン・ピュリナ社は買収されています。1度目は2001年、ネスレ社に買収されて、ネスレ ピュリナ ペットケアになりました。ネスレは元々フリスキーブランドを持っていたため、ピュリナと合わせてペットケア業界でもトップクラスの企業となっています。その後ネスレ日本に吸収合併されています。
  • スギさん
    ラルストン・ピュリナ社はあっちこっちと大変だったんですね・・・いい会社だったんでしょうか。
  • マッサン
    ドライフードの大量生産の初成功からもわかる通り、いい会社だったといえます。1995年には猫砂製造会社を買収したり、精力的な経営がされていました。しかし1998年の日本市場撤退が大きな分岐点で、その3年後にはネスレグループに買収されました。
2.

ピュリナで一番の売れ筋商品は?


  • マッサン
    ピュリナ社はユーカヌバとは正反対で、キャットフードに非常に力を入れています。そのおかげか、キャットフードとしての知名度はかなり高いですね。中でも一番売れていた印象があるのはインドア 1歳以上のターキー&チキン味です。サーモンも売れていました。
  • スギさん
    ピュリナは一部のスーパーやホームセンターでも見かけるので手に取りやすい感じです。緑のキラキラしたパッケージも目を引きますね。
  • マッサン
    ピュリナは販売網も広いですし、プレミアムフードの中ではかなり安い部類に入るキャットフードなので、非常に手に取りやすくなっています。
3.

ピュリナワン インドア 1歳以上 ターキー&チキン味


  • ピュリナワン
  • 原材料からの考察

    ターキー、コーングルテンミール、チキンミール、卵、油脂類(牛脂、大豆油)、大豆たんぱく、フィッシュミール、小麦粉セルロース大豆外皮、酵母、イヌリン、ポークゼラチン、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸味料、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
  • マッサン
    まず1袋500g前後に分けられた小分けパックが便利です。一度あけて全部の匂いや鮮度が失われないのは好感が持てますし、使いやすいですね。
  • マッサン
    原材料から考えると、肉原料の中では比較的ヘルシーなターキーが第一原料ですが、残念ながら穀物である米、コーングルテンミール、小麦粉、そしてアレルゲンになりやすい大豆のたんぱく、大豆外皮と、猫にとっては好ましくない原材料が多く使われています。40%以上の高たんぱくとなっています。脂質は13%と抑えられています。
  • スギさん
    比較的安価なキャットフードですが残念ですね。
  • マッサン
    さらにセルロースが含まれています。セルロースは腸内洗浄、機能調整の役割になりますが、穀物も配合されていることから配合しなくても食物繊維は稼げたのではないかと考えます。
  • マッサン
    成分表から考えると40%以上の高たんぱくとなっています。脂質は13%と抑えられています。
  • スギさん
    たんぱく質40%は凄いですね。それで脂肪が少ないということは何を表しているんでしょうか。
  • マッサン
    高たんぱく低脂質の場合は植物性たんぱく質が豊富であることが考えられます。大豆たんぱくなどですね。しかし植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べると吸収率が悪いため注意しなくてはいけません。
  • ピュリナワン インドア 1歳以上 ターキー&チキン味 成分表

  • 成分(保証分析値) たんぱく質40%以上
    脂質13%以上
    粗繊維6%以下
    灰分9%以下
    水分12%以下
    カロリー含有量
    (代謝エネルギー)
    360kcal/100g
  • その他の成分表

  • ミネラル&ビタミンカルシウム1.0%
    リン0.9%
    マグネシウム0.09%
    タウリン0.15%
    リノール酸1.4%
    ビタミンA10,000IU/kg
    ビタミンE400IU/kg
    グルコサミン600ppm

まとめ


  • ピュリナは買収、吸収を繰り返して今のネスレピュリナに
  • スーパーやホームセンターなど手に取りやすい販売網
  • 原材料に気になる点はあるものの、安価でできるだけいいキャットフードをという姿勢

  • スギさん
    好ましくない原材料があるのは残念ですが、非常に安価なので多頭飼いなど多くの猫がいつ場合には選択肢のひとつになりそうです。
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介