キャットフードのカロリー総集編!与え方から計算式、矛盾まで全てがわかります!

本日のテーマ

  • 今回はかなりの長編ですが、キャットフードのカロリーについてマッサンにまとめて教えてもらいました!意外な事実がたくさん出てきて驚く内容になっています。

1.

摂取カロリーの間違った計算方法


  • マッサン
    インターネット上の多くのホームページでは「体重×80kcal」と紹介されています。この計算式を参考にすると3kgの猫に対して240kcalが目安ということになりますね。
  • スギさん
    私も参考にしたことがあります。
  • マッサン

    しかし市販品のキャットフードを見れば、この計算式で導き出された摂取カロリーとズレがあるのがわかります。

    キャットフード名パッケージのカロリー表示(100g)3kgの猫への給与量1日の摂取カロリー(代謝エネルギーから計算)
    ピュリナ ワン
    避妊・去勢した猫(11歳未満)
    330kcal約62g204.6kcal
    サイエンスダイエット
    インドアキャット アダルト チキン
    416kcal45g187.2kcal
    Grain Free
    (マッサン私物のイギリスのフード)
    368kcal50g184kcal
    ニュートロ ナチュラルチョイス
    穀物フリー サーモン
    380kcal45g171kcal
    カナガン390kcal40g156kcal
    インターネット上で見られる計算式3kgの猫の場合の1日の摂取カロリーの目安
    体重×80kcal240kcal
  • スギさん
    体重×80kcalだとかなり多いですね!それにしても各社で随分差がありますね…
  • マッサン
    さてこの場合、計算式が間違っているのか、キャットフードの給与量がおかしいのかどちらでしょうか。さらに各社の設定の違いについても勉強していきましょう。
2.

安静時エネルギー要求量(PER)と正味エネルギー


  • マッサン

    安静時エネルギー要求量(PER)とは1日辺りの平均エネルギー要求量です。

    可消化エネルギー

    キャットフードの総エネルギーから吸収されずに糞として排出されたエネルギーを差し引いたものが可消化エネルギーといいます。

    代謝可能エネルギー

    さらに吸収されても使われずに尿に排出されたエネルギーを可消化エネルギーから差し引いたものを代謝可能エネルギーといいます。

    キャットフードに書かれているカロリーはこの代謝可能エネルギーの場合があります

    代謝エネルギーを動物が実際に利用できるエネルギーの基準と考えられています。

    正味エネルギー

    さらに消化、吸収、利用時に熱として使われたエネルギーを代謝可能エネルギーから差し引いたものが正味エネルギーといいます。

    この正味エネルギーが安静時エネルギー要求量を満たしている必要があります

3.

PER計算式は推奨する団体や採用しているメーカーで違う


  • マッサン

    意外と知られていませんが、PERを求める計算式は統一されていません。どの計算式を信用するか。これは動物の運動量、消費カロリーを科学的に調べることでしか解決しませんから、私にはなんとも言えない部分です。

    つまり「与えるべきカロリーはペットフード製造業者に任せる」のが一番で、ユーザーは余り気にしなくていいと考えています。

    NRC(National Research Council:全米研究評議会)推奨

    成熟猫の安静時エネルギー要求量(PER)

    • 70×体重(kg)kcal/日(3kgの猫なら210kcal)

    一般社団法人ペットフード協会推奨

    成熟猫の安静時エネルギー要求量(PER)

    • 70+30×体重(kg)kcal/日(3kgの猫なら160kcal)
    • 70×体重(kg)の0.75乗kcal/日(3kgの猫なら159.56kcal)

    各社採用の安静時エネルギー要求量(PER)計算式

    成熟猫の安静時エネルギー要求量(PER)

    • 70+30×体重(kg)kcal/日(3kgの猫なら160kcal)
    • 60×体重(kg)kcal/日(3kgの猫なら180kcal)
  • スギさん
    計算式次第では約160kcalから210kcalまで50kcalも違いがあるんですね!専門家であっても「だいたいこの位が守れていれば」という目安なんですね。
4.

ライフステージと活動に左右される1日辺りエネルギー要求量(DER)


  • マッサン

    PERの場合は成猫の場合、肥満傾向の場合、妊娠中の場合、高齢の場合といったライフステージが関係ない計算式となっています。

    このためライフステージに合わせた計算式としての目安が設定されています。

    • 去勢・避妊していない成猫 1.4×PER
    • 去勢・避妊済みの成猫 1.2×PER
    • 肥満傾向 1.0×PER
    • 高齢 1.1×PER
    • 妊娠中 2.0×PER
    • 授乳中 自由菜食(2.0~6.0×PER)
    • 成長期4ヶ月未満 3.0×PER
    • 4~6ヶ月 2.5×PER
    • 7~12ヶ月 2.0×PER
5.

キャットフードごとの1日の摂取カロリーが違う理由


  • マッサン

    上記計算式から去勢・避妊済みの成猫の場合のDER値は3kgの猫の場合192~252kcalです。

    1日のフード量は「DER÷フード1g辺りのカロリー」で表します。

    この計算式ではカナガンの場合の1日の給与量は「49.23~64.61(g)」となりますが、パッケージの表示は40gとなっていますので9gも少なくなっています。

    私の私物のグレインフリーキャットフードでも2g少ない計算です。

    このように計算式とキャットフードの摂取量にはズレが見られます。

    キャットフードごとに消化吸収率が違うので1日の摂取カロリーが違う

    穀物の炭水化物によるカロリーが多い場合、猫が消化できず十分な栄養を吸収できないため、消化吸収率は低くなります。反対に肉類が豊富な場合は消化吸収率が高くなります。
    さらに猫はタンパク質をエネルギー源として使うことができるので、高たんぱく質なものはエネルギー効率も高くなります。

    こうしたことを考え、各社のカロリー設定がなされています。

6.

表示カロリーが高いから高カロリーキャットフードということではない


  • マッサン

    最初に紹介した表でもわかるように、カロリーが高くても給与量設定がされていますので、全く問題はありません。反対に1日の摂取カロリーだけみるとカナガンなどは非常にヘルシーであることがわかります。

    キャットフード名パッケージのカロリー表示(100g)3kgの猫への給与量1日の摂取カロリー(代謝エネルギーから計算)
    ピュリナ ワン
    避妊・去勢した猫(11歳未満)
    330kcal約62g204.6kcal
    サイエンスダイエット
    インドアキャット アダルト チキン
    416kcal45g187.2kcal
    Grain Free
    (マッサン私物のイギリスのフード)
    368kcal50g184kcal
    ニュートロ ナチュラルチョイス
    穀物フリー サーモン
    380kcal45g171kcal
    カナガン390kcal40g156kcal
  • スギさん
    普段購入する時に給与量とカロリーの計算まではしませんよね。なかなか一般の方には高カロリーなキャットフードかどうかを購入時に判断するのは難しそうですね。
  • マッサン

    そうですね。そのキャットフードが高カロリーかどうかは判断できないというのが正しいかもしれません。

  • マッサン

    よく高カロリーのキャットフードが日本の猫には高カロリーだと言われているのは、「実際に給与量を守れている家庭は少なく、食べさせ過ぎてしまう上に運動不足」という懸念があるので、細かい説明はせずに省略して解説している場合は多いかもしれません。私も1から全て説明するのは時間がかかるので、端的にそう説明することがあります。

7.

ペットが必要なエネルギー量は体重ではなく体表面積に比例する


  • マッサン

    今まで話していたことを全てひっくり返すようなタイトルですが、ペットフード協会によれば「ペットが必要なエネルギー量は体重ではなく体表面積に比例する」ということです。

    今までの計算はなんだったのかと思うと思います。話を聞いたり文献を調べたりした結果、これ以上の答えは出ていません。

    これらに関する正しい答えがどれなのかは各社、各協会が研究しています。

  • スギさん
    まだ本当の意味で確立されていないんですね。
  • マッサン

    大きさも違い、生活環境も違い、食べるものも違う動物の必要なカロリーは簡単な計算式で出せるものではないということだと思います。

    しかしこれだけ不確定なものでも、猫が栄養失調になったり、肥満にならず、長生きしているという結果が十分な研究結果のひとつとも言えそうです。

まとめ


  • インターネットで書かれている給与量を当てにしすぎない
  • カロリー計算はメーカーに任せる
  • 肥満などペットフードによる変化を飼い主が見逃さない
  • ペットが必要なエネルギー量は体重ではなく体表面積に比例する

  • マッサン

    正直なところ、私の考えではカロリー計算はペットフード会社に任せ、飼い主としては健康な猫が太らないように普段から観察していれば問題ないと思います。

    これはまずPERの求め方が各社で違い、幅があること。そして給与量を完璧に守って与えるケースは少ないこと。完全自由摂取方式で与えている家庭が多いことの3つの理由からです。

    かなりシビアに追求される方もいますが、余り考えすぎると与えるものがなくなり、いつまでも変え続けて決まらない傾向が見られます。

    私個人的には消化吸収率もありますが、1日180~210kcal位が丁度よさそうな気はしています。

ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介