原材料として悪いと言われてしまうビートパルプ。でも実は高機能で優れた食材だった!

本日のテーマ

  • どのサイトを見ても悪く言われている原材料のビートパルプ。でも実際には高機能な材料だって知っていましたか?マッサンに詳しく教えてもらいましょう!

1.

どこでも悪く言われてしまうビートパルプ


  • マッサン
    ビートパルプはどのサイトを見ても悪く言われてしまいがちなのですが、実際にはとても高機能なものなのですよ。
  • スギさん
    嵩増しとしてクローズアップされているイメージです。サイトによっては原材料として悪いものって扱いのところもありますよ!私もそういうのを見続けていたのでそう思っていました。実際にはどうなんですか?
  • マッサン
    ビートパルプはそもそも砂糖大根から砂糖を抽出したあとのガラです。副産物ともいいますね。この副産物という言い方で悪いものと感じる人も多いのかもしれません。しかしビートパルプには可消化エネルギーがちょうどいい塩梅で含まれている貴重な原材料なんです。
2.

可消化エネルギーが豊富なビートパルプ


  • スギさん
    可消化エネルギーってなんですか?
  • マッサン
    その名の通り、消化することができるエネルギーが含まれているということですね。それではまず食物繊維というものを勉強してみましょう。
  • マッサン
    ペクチン、グアガム、大豆繊維、ビートパルプ、大豆の殻、セルロースと食物繊維が並んでいるとしましょう。主にペクチン側が発酵が早いもので海草などに多く、微生物は使うことができるもの。セルロース側が発酵が遅いもので、微生物すらも使うことのできないものです。
  • スギさん
    セルロースは腸内洗浄のための原材料として良く聞きますね。
  • マッサン
    そうです。セルロースに近づくほど微生物すらも分解することができず、繊維として腸内を綺麗にしながら通過し、排出されます。逆にペクチンに近づくほど微生物が分解することができ、腸の粘膜上皮細胞にエネルギーを供給することができます。
  • スギさん
    ビートパルプは真ん中なのでその両方の機能を持っているということですか??
  • マッサン
    その通りです。見つけた人は嬉々としてペットフードに入れたのではないでしょうか。つまりビートパルプは食物繊維の機能を持ちながらも負担は最小限に、エネルギーとしても使うことのできる食材として使われていて、非常に高機能な食物繊維なんですよ。
3.

それでもビートパルプは猫に必要ない?


  • マッサン
    猫が穀物をほとんど消化できないことは学びました。しかしすい臓のアミラーゼで多少は分解することが可能ですし、先ほど話したように、微生物によって腸の粘膜にエネルギーを供給することができます。
  • スギさん
    量の問題ですか?
  • マッサン
    そうですね。毛の排出など食物繊維が必要な猫もいるのは事実です。むやみにいらないというものではなく、症状や状態に合わせて選べばいいものです。長毛種であれば慢性的に胃の中に毛が存在しますし、そうなれば少量の食物繊維を常にとっていた方が調子のいい猫もいます
  • スギさん
    闇雲に悪いものと決め付けない方が良さそうですね。
  • マッサン
    発がん物質や肉副産物はいいと言えたものではありませんが、中には考えられて配合されているものもあり、ビートパルプはそんな材料のひとつと言えます。
  • スギさん
    毛玉ケア商品などのビートパルプは考えられて入れられているんですね。
  • マッサン
    そうですね。実際に毛玉ケアをしようと考えた場合、整腸作用のある食物繊維を使わないことには効果を得られません。しかし単にセルロースなどを入れたのでは猫の内臓に負担を与えてしまいます。逆にペクチンでは効果が薄いものとなってしまいますね。
  • スギさん
    そこでビートパルプが活躍するんですね。ペットフード、キャットフードは良く考えられて作られているんですね。
  • マッサン
    私もこの話はペットフードに詳しい獣医さんに教えてもらうまでは知らず、開発時のペットを想う気持ちを知りました。
  • マッサン
    インターネットの情報は事実とは違ったものもあります。しかし手軽に得られる情報であることもあり、時に間違った情報が正しい情報よりも前に出てきていることがありますので注意しましょう。

まとめ


  • ビートパルプは決して悪い原材料ではない
  • 整腸機能がありながらエネルギーにもなる
  • 配合物は愛猫に合わせて考える

  • スギさん
    マッサンの話を聞いて、ビートパルプが嵩増しだけのものではないことがわかりました。他にもこういった誤解をしている原材料や認識がありそうです。注意しながら勉強していきたいと思います。
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介