妊娠、授乳期の雌猫の体重と食事摂取量の変化を知って正しいフード量を与えましょう!

本日のテーマ

  • 猫の妊娠、出産は犬の場合と全く違うそうです。犬で慣れているからと猫で心配したり、対応を間違えないように気をつけましょう!

1.

犬と猫は全く違う妊娠、出産期


  • マッサン
    猫の妊娠期は10週強なので、概ね3ヶ月弱で出産します。猫は妊娠した時から太り続け、出産すると一気に体重が減っていきます食事摂取量は妊娠から出産後6週位まで増え続けます。出産時には多少減ることがあります。
  • スギさん
    出産すると体重は減っていくのに食事量はどんどん増えていくんですか?
  • マッサン
    猫は妊娠すると一気に太っていきますが、出産後は一気に体重が減ってしまいます。これは授乳中に自分の脂肪を当てることで出産直後食べられなくても問題がないようになっています。その分、徐々に食事量が増え、体重が妊娠前に戻る出産後6週頃には800kcal程度の高カロリーを摂取するところまで食事量が増加します。
  • スギさん
    じゃ妊娠で一気に太って、出産で一気に減っても、食事量がきちんと増えていけば問題がないんですね。
  • マッサン
    食事量は、出産後の1週程度だけ少し減る程度で、基本的に妊娠時から出産後6週までは増え続けると覚えてください。
2.

猫の摂取カロリー量をおさらいしよう


  • マッサン
    子猫の摂取カロリー、成猫の摂取カロリー、妊娠期の摂取カロリー、出産期の摂取カロリー、シニア猫の摂取カロリーを知ることで、感覚的に妊娠期、出産期のカロリーがわかるようになります。
  • 猫のエネルギー要求量

    1日当りエネルギー要求量(DER)=係数 × 安静時エネルギー要求量(PER)
    4ヶ月未満3.0 × PER
    4~6ヶ月2.5 × PER
    7~12ヶ月2.0 × PER
    去勢・避妊していない成猫1.4 × PER
    去勢・避妊済みの成猫1.2 × PER
    肥満傾向1.0 × PER
    高齢1.1 × PER
    妊娠中2.0 × PER
    授乳中自由菜食(2.0~6.0 × PER)
  • スギさん
    授乳中は自由菜食なんですか!?成長期か妊娠中が一番多いのかなって予想していたんですが、授乳中の要求エネルギー量が圧倒的に多いなんですね!
  • マッサン
    そうなんです。成長期でも最大3.0×PER、妊娠中で2.0×PERなので、授乳期の最大6.0×PERが莫大な摂取量だということがわかります。
  • マッサン
    因みに犬の授乳期は4~8×PERで、冬に長い距離をソリを引く犬の要求エネルギー量が9×PERで授乳期とほぼ同じ位と言われています。このように犬も猫も授乳期の要求エネルギー量がとても多いので、十分なエネルギーを与えてあげてください。

まとめ


  • 猫の妊娠期は10週強(3ヶ月弱)
  • 妊娠から出産まで太り続ける
  • 授乳中に自分の脂肪を当てるため太る
  • 出産後は一気に体重が減るが、食事量は増え続ける
  • 授乳中は自由菜食(2.0~6.0 × PER)でOK

  • スギさん
    犬と猫の違いもわかり、犬のことを知っているからと同じ考えではだめなことがわかりました。妊娠、授乳期にはいつも以上に愛猫をサポートする必要がありそうですね!
ソーシャルアカウントから
キャットフードの情報を
ゲットしよう!
人気の記事
相談室メンバー
マッサンのキャットフード紹介